読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛してると言って欲しい

人生観を偉そうに語ってみようかな^^;

彼女が元旦那を忘れられない理由

「気になる」

この想いをどう思われますか?

長い夫婦生活の果てに別れてしまう夫婦は珍しくもありません。

強い愛情ほど、強い憎しみに。
強い憎しみは、その裏返しともとれます。

あるとき彼女はこう言った

元旦那のことを親戚のように感じる
兄弟のようにも思う
話がしたい

永い年月を共に暮らしてきて
仕方のないようにも思う

会いたい

元旦那と話がしたいと私に言ったその言葉は
残酷なまでに彼への執着を表している。

あなたなら快く行かせてあげられますか?

私は快諾出来ませんでした。
どうしても未練でしかなく、会わせる怖さを振り払うことが出来なかった。
正直に言ってくれたのに。

一つ言えることは、何をどう言ったところで気持ちがあれば会いに行くだろうし、その時はもはや見送るしかないということ。


実は彼女は私に黙って元旦那と会っている。
それが一層私を苦しくさせている。


好きではないが、気になる。


妙な敗北感で私の心の中はいっぱいだ。